ASP・SaaSナビTOP  >  SpacePatrol (スペースパトロール)

オススメクラウド・SaaSサービス

あなたのSaaS・クラウドサービスを「買い手」にお届けいたします。

SaaSplats (サースプラッツ)

手間のかかる契約管理業務や月額継続の請求課金業務を一括アウトソーシングできます。

月額固定費無料からご利用可能なECストア構築サービス

licensestore(ライセンスストア)

「パッケージ」、「ダウンロード」、「シリアルキー」、「ボリュームライセンス」などの販売形態が異なる商品を1つのストアで販売可能な、ECストアを構築出来ます。

御社の施設をきっちり監視します。24時間オンライン空間監視ASP

SpacePatrol (スペースパトロール)

ネットワーク監視セキュリティ

SpacePatrolは、インターネットを利用して無線式盗撮カメラの検知通報を行なうサービスです。スポーツ施設、百貨店、駅などの公共施設で24時間、個人情報の漏洩を監視します。

SpacePatrol (スペースパトロール)

初期費用 0円~
月額費用 33,000円~

サービス詳細

今、この空間の中には夥しい電波が飛び交っています。当社のSpacePatrolサービスは、これら空間に存在する電波を環境電波と疑惑電波に選り分け、疑惑電波に関しては可視化を行います。データセンター内にある監視センターで確認の結果、いわゆる盗撮が行なわれている場合には、施設管理者に通報し、被害を最小限に止めるためのサービスです。
CSR(企業の社会責任)が求められる現在、大事なお客様や社員の方の個人情報をガードする為に、多くの企業で導入検討がされています。

もちろん無線式盗聴機に対しての検知も可能で、大事な施設内の盗聴波・盗撮波の検知を目的とした”空間調査サービス”も提供しています。


■「Supace Patrol」サービスの流れ
1.盗撮被害の恐れがある場所に専用端末機「MIRCA 2.0」を設置(インターネット接続)
2.一定の空間範囲内で無線式カメラの周波数を探索(約100・内の場所で、疑惑周波数情報と疑惑映像情報を転送)
3.監視センターで24時間、「疑惑電波」の有無をオンラインにて監視(遠隔監視管制プログラム「MIRCA 2006 Server Software」)
4.設置環境での無線環境を電波データベース化することによる自己学習機能
5.例外周波数のデータベース登録によるサポート機能
6.“疑惑電波”が検知され無線式カメラ映像を確認した場合、速やかに施設管理者に連絡
7.疑惑映像のモニタリング(特殊画面にて確認することにより2次的被害を防止)

プラン詳細

初期費用 0円~ 月額費用 33,000円~

主な機能

専用端末機 / 疑惑周波数情報と疑惑映像情報の転送 / 24時間監視 / オンライン監視 / 遠隔監視制御 / 電波データベース自己学習 / 疑惑映像のモニタリング

お問合せ

運営会社 FOR-S株式会社
サービス名 SpacePatrol (スペースパトロール)
サービスURL
お問合せ先 TEL:03-5715-1248

更新情報

サービス新着/更新もっと読む

最新インタビュー/特集もっと読む

アクセスランキング 総合


業種別メニュー

サービス別メニュー


このページのTOPへ