ASP・SaaSナビTOP > コラム > 「AWS Summit Tokyo 2017」

「AWS Summit Tokyo 2017」

【クラウド見て聞きある記(その175)】
平成29年5月30日~6月2日に、グランドプリンスホテル新高輪で開催された、アマゾンウェブサービスジャパン株式会社催の「AWS Summit Tokyo 2017」に、都合により6月1日のみに参加した。
30日は業種やソリューションに特化した「Dive Deep Day」と称し原則として特別招待のため、一般公開は31日~2日と考えて良い。
同時に、品川プリンスホテルアネックスでは、デベロッパーや実装に関わる方向けのイベントとして、昨年まで行われていた「Developer Conference」を更に拡大した「AWS Dev Day Tokyo 2017」が開催された。

DSC_2008%20%28002%29.JPG

開催日程も変化(増加)している事から単純な比較はできないが、今年は4日間で19,000名を超える参加者があった、との報告が有り間違いなく国内で行われる同様のイベントの中では最大級のものだと思う。

また、クラウドビジネスを語る場合、AWSの強さは群を抜いており、市場占有率やサービス・品質の充実、ユーザコミュニティ活動の充実等についても、口を挟む余地はないものと心得ている。

最近では、従来敬遠気味だった基幹システムを、全てAWS上に移す決断をした企業の話しを良く聞くようになり、これは、クラウドシステムへの信頼が向上した事を表し、更なるオンプレミスからのクラウドへの移行を促進する動きになると思う。

しかし、最近少し気になる事が幾つか聞こえてきており、マイクロソフトの猛烈な追い上げや、一転、猛烈な攻勢をかけてきているオラクル、独自のサービスを展開するグーグル等もあり、精査する必要があるように感じている。

確かに、AWSも市場が急速に拡大したことや、サービスも100近くに増えて、支援を行うパートナ企業も急激に増加しており、(当てはまらないかもしれないが)一般的に組織運営の難しさは、規模の二乗倍になるといわれているので、心配が危惧に終われば良いと思っている!

一例として、4月に行われた大手クラウドベンダーのイベントで、CEOから最近クラウド関連の中核になる人材確保には困らない、既に何人も採用している、との発言があった。(企業名も明確に発言有り)

また、SNS上でも組織上の問題の指摘も目にするようになってきた。ユーザから見ると競争の激化により、クラウド市場の活性化は喜ばしい事だと思うが、当然の事として、AWSはこのような状況については把握し、着々と対応策を進めている事と思うし、王者の風格を保ち業界のリーダとして君臨し続けて欲しいと思っている。

このような状況の中、クラウドを考える上で、外す事が出来ないAWSについて、最新の製品やサービス/ソリューション、先進ユーザでの事例、パートナー企業の状況等の情報を把握する為に参加した。

今回のAWS Summitは、2つの会場に分かれており、基調講演と特別講演は飛天で行われ、ブレークアウトセッション及び展示会(EXPO)、ブートキャンプ/セルフベースラボ/認定試験が国際パミール館で行われた。

6月1日の、午前中の基調講演と午後のブレークアウトセッション、及び展示会に参加したので、基調講演を中心として概略を報告する。

Ⅰ.基調講演(6月1日:キーノート)
ホストスピーカーとしてAmazon.com のWerner Vogels CTOが、4社からゲストスピーカーを迎えて、キーノートが行われた。概略の内容については以下の通り。

1.Werner Vogels CTOからの話
今回のイベントでは20,000名を超える申し込みがあった事、150以上のセッションと100名以上のゲストスピーカー、及び展示会で100以上のスポンサーブースと規模が大きくなった事、AWSのビジネスアップデート、クラウドの進化について(特にAWSのサービス)、今流行のサーバーレスの考え方、AWS IoTについて、IoTの3つの柱、XーRay Visionについて等の話が、ゲストスピーカー4名からあった。

AWSのビジネスアップデートの中で、売り上げの伸びや基幹系システムの移行状況についての話があったが、140億ドルの売り上げ、43%のYoYの成長の達成、W・Wで数百万のユーザ、日本でも約10万社超のユーザを獲得している事、エンタープライズ顧客の状況、AWSのDCの整備状況等の話しがあったが、ビジネスの伸びの勢いは、全く衰えていないようだ。

2.ゲストスピーカー1
“IoT Platform SORACOMーデバイスとAWSの直接接続で実現する次世代IoTアーキテクチャ“と題し、株式会社ソラコム 最高技術責任者 安川 健太氏から、AWS上に構築している同社のクラウドネイティブサービスである“SORACOM”に関する説明があった。

3.ゲストスピーカー2
“AWSを利用したNTT東日本のサービス”と題し、東日本電信電話株式会社 取締役 ビジネス開発本部 副本部長 兼 第一部門長 中村 浩氏から、AWS上でサービスを開始したスマート・スタディやスマート・ビデオ等の紹介、基幹系システムのクラウド移行が進まない原因とその対応策等についての話があった。

4.ゲストスピーカー3
“ソニーモバイルコミュニケーションズの IoT事業への取り組み”と題し、ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社 取締役 EVP 川西 泉氏から、現在、同社が展開中のAWS上に構築している“スマート・ホームサービス”について、その内容やIoT関連事業への取り組みについての話があった。

5.ゲストスピーカー4
“AWS for Best Technology Management”と題し、グリー株式会社 開発・人事統括 取締役 執行役員常務 CTO 藤本 真樹氏から講演があった。

同社で実施した数千台のオンプレミスサーバを、1年間で移行した事例について、基本的な考え方や移行時考慮した点等に関する話があった。

Ⅱ.ブレークアウトセッション
午後にはランチセッションを挟んで、AWS Techトラック×3と導入事例トラック×3で42のセッションが行われた。

展示会にも興味が有り一部優先したので、導入事例トラックを中心に4セッションのみを聴講したが、内容も多岐に渡るためタイトルと超概要のみを報告する。

1.セッション1
“PlayStation™Network のフレンド機能「Friendlist」の AWS 移行事例”と題して、株式会社ソニー・インタラクティブエンターテイメントから講演があった。急激にトラフィックが伸びる事象に対応する為にAWS化を決断した事例!

2.セッション2
“転換期を迎えるいま、『オンプレミスからのマイグレーション』における勝利の方程式とは“と題し、アイレット株式会社から講演があった。

クラウドマイグレーションの現状と、活用可能なツール等についての説明があった。かなり豊富!!

3.セッション3
“セイコーエプソンのデータプラットフォームビジネスにおけるサーバレスアーキテクチャへのマイグレーション“と題し、セイコーエプソン株式会社から講演があった。

レシートデータ・プラットフォームをAWS上に6ヶ月間でマイグレーションを行った事例についての話があった。

4.セッション4
“オンプレから移行するので、Amazon ECS でコンテナ化と Terraform でインフラコード化した話“と題し、株式会社インテリジェンスから講演があった。

オンプレで構築されていたアルバイト・パート関連のシステムを、AWSに移行した事例の紹介を、技術中心に説明があった。

Ⅲ.展示会(EXPO)
AWS Summit Tokyo 2017 では、グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミールの2ヶ所の展示スペースにて 100 社以上のソリューションの展示が行われていた。

展示は、①業務アプリケーション、②BI・ビッグデータ、③運用管理、④バックアップ、⑤セキュリティ、⑥導入・運用・構築支援、⑦IoT、⑧データ連携、⑨トレーニングに分かれて展示されていた。

今年は、最近ブーム化しているIoTやBI・ビッグデータに加えて、導入・運用・構築支援、運用管理について、製品やソリューシュンの展示を行っている企業が多かった。

また、クラウドSIerの必要性を打ち出しているベンダーも出てきているように、導入・運用・構築支援に力を入れている企業も多くあったが、基幹系等の複雑なシステムをAWS上に構築する場合、必須サービスだと思う。

Ⅳ.全体的な感想
上述のような危惧をもっての参加だったが、圧倒的なイベントの熱気やAWSの今後の戦略、サービスの豊富さ、ユーザ企業の事例等を聞くと、変化がある事は事実だが、現状では杞憂に終わったように思われた。

一例として、サービスの豊富さによりエンドユーザがAWS上にシステムを構築(あえて構築と言うが)する場合、数多くあるサービスからの選択の難しさ、技術の組み合わせや機能の制約等々があり、ユーザの増加に対するAWS側のサポート品質について、危惧をしていた。

しかしながら、展示会を見たりや事例を聞いたりした結果、AWSが構築しているエコシステムと、経験豊富なパートナー企業のノウハウ蓄積が、相乗効果を発揮しており、“クラウドSIer”という新しいサービス形態を確立しているように思えた。これにより、企業の基幹系システムの移行も促進されるように感じた。

ただ、上述のように色々な話も良く聞こえてくるようになっており、利用拡大に伴うサポートの質を如何に保つかが、大きな課題になって来るのは間違いないようだ。

何れにしても、AWSは魅力的なクラウドサービスである事は間違いなく、如何に活用するかが、企業のイノベーションを実現する為のポイントになると思う。

 

コラム著者紹介
 
 
HNコンサルティング代表
永松 秀通 (ながまつ ひでみち)

アクセスランキング 総合


業種別メニュー

サービス別メニュー


このページのTOPへ