ASP・SaaSナビTOP > インタビュー > 取引先や社内のファイル共有を低価格で実現する「クラウドファイルサーバー」

取引先や社内のファイル共有を低価格で実現する「クラウドファイルサーバー」

「FUJITSU Cloud クラウドファイルサーバー」は、インターネットからWebブラウザで利用できるクラウド型のファイルサーバです。社内のファイルサーバとしてだけでなく取引先とのファイル共有にも利用できます。分かりやすい操作性と安心のセキュリティを備えており、50ユーザ/50GB:月額9,000円~と低価格でのご提供を実現しています。

ビジネスの継続に欠かせないファイルサーバ、顕在化しているお客様課題を「低価格」で解消する「クラウドファイルサーバー」とは?

――早速ですが、御社サービス「クラウドファイルサーバー」について特徴を教えて下さい。

「安心のセキュリティ」を保ちつつ、「直感的で分かりやすい操作性」と「低価格」を実現しているところです。
主要ハードウェアベンダが提供するクラウド型のファイルサーバというと、セキュリティは高いが価格も高いというイメージがあります。富士通が提供する「クラウドファイルサーバー」は、データのアップロード時の暗号化や通信の暗号化、データの冗長化保管など、安心のセキュリティをご提供するとともに、月額9,000円(50ユーザ/50GB)~と低価格を実現しています。画面はWEBブラウザで提供しており、ドラッグ&ドロップでのファイル保管、保管しているファイルの直接編集も可能で、直感的で分かりやすい操作環境を実現しています。

cfs-outline-point-one-cloud.gif

――「クラウドファイルサーバー」のスタートのきっかけをお聞かせいただけますか。

当社がクラウドビジネスを推進していく中で、クラウドのストレージに対するお客様の注目度が高いことが分かりました。既存のファイルサーバ(オンプレ)の更新時期になると、必ずSaaS型のクラウドサービスも並行して検討されるという商談が多くなっていったのです。オンプレの提案に加えて、SaaS型のクラウドサービスも競争力のあるのものを提供しなくてはならない、というクラウドビジネスを推進する部隊としての使命もあり「クラウドファイルサーバー」が誕生しました。

――「クラウドファイルサーバー」の一番の強み、他社との違いをお聞かせいただけますか。

他社との違いは、お客様でユーザ数と容量の設定変更が可能な点です。他社サービスはユーザ数を追加したり容量を変更したりする場合、再度契約の申込みが必要なものが多いのですが、クラウドファイルサーバーは管理画面から設定を変更するだけで、即座にユーザ数と容量の変更ができます。余計な事務処理をしなくて済みます。また、変更にかかる手数料も不要ですし、増やすだけでなく減らすことも可能なので、「必要な時に」「必要な分だけ」お客様の設定に合わせた最適なコストで利用することができます。

――お勧めの業種・業態などはございますか。

ファイルサーバですので、特定の業種はございません。流通、情報サービスや製造など幅広くご利用頂いております。
①社内ファイルサーバの保守/リース費用にコストがかかっている②災害や停電に対する安全性を確保できていない③取引先とのプロジェクトで一定期間だけファイルを共有したい④取引先と容量の大きいデータをやりとりしたい、などの悩みを持つお客様にぜひご利用をお勧めしたいです。

――導入時の流れや価格を教えてください。

導入前に無償トライアルをご推奨しております。
トライアル時に、接続、管理部門での運用のイメージ、利用部門での操作性などを確認頂いた上で実際の導入をお願いしております。社外とのファイル共有でご利用頂く場合には、海外/取引先の接続確認も実施頂いております。
トライアル期間は3週間、ユーザ数と容量を100ユーザ/100GBまでと制限している以外はすべての機能をご利用いただけます。※トライアル環境をそのまま正式環境に引き継ぐことはできませんのでご注意ください。
正式導入時には、初期設定に必要な情報(ドメイン名など)をご連絡頂きます。ご契約が成立しますと、約5営業日で利用開始することが可能となります。
価格は、初期費用:100,000円、月額費用:9,000円(50ユーザ/50GB)~となっております。ユーザ数と容量はお客様で設定が可能ですので、お客様のタイミングで増減することができます。

――導入事例がありましたら、具体的に教えて下さい。

海外に営業拠点をもつ製造業様の事例がございます。
国内と海外の営業部で利用できるサーバを保有されていらっしゃいましたが利便性が悪く、クラウド型のファイルサーバの導入を検討されることになり、最終的に高度な機能を備えた他社のクラウド型サービスと富士通の「クラウドファイルサーバー」に絞られ、トライアルを実施、結果クラウドファイルサーバーの導入を決定頂きました。
選定の理由は、クラウドファイルサーバーの分かりやすい操作性でした。高度な機能を備えた他社サービスは、様々な機能の設定を必要とするなど操作や管理が複雑で、使い勝手に不安を感じらたようです。
今では、営業部での利用から始まり、開発部(取引先とのプロジェクトデータの共有)、経理課へと横展開していただいています。

――「クラウドファイルサーバー」を使用されるユーザのメリットを教えて下さい。

SaaS型で提供いたしますので、お客様でハードやOSの運用/管理をする必要がなくなるというメリットがあります。また、ユーザ数や容量を増やす場合は、契約を再度申込みいただくような面倒な手続きは必要ありません。管理画面でお客様のタイミングで設定を変更することができます。契約期間の拘束がありませんので、いつでも利用を終了することができます。(契約終了の1ヶ月前に通知が必要です)

――安全性、セキュリティ面の取組みはございますでしょうか。

アップロードするファイルは自動的に暗号化され、インターネット上の通信もSSLで暗号化されており、安心してご利用頂きます。よりセキュリティを確保したいお客様のために、IDとパスワードでのログインに加え、グローバル固定IPアドレスやMACアドレスで登録している人以外からのアクセスを防止する設定も標準でご用意しています。操作ログの確認も可能なため、誰がいつログインしたのか、ファイルに対しどんな操作を行ったのかを画面上で確認することができます。操作ログは3ヶ月間保管され、CSVへの書き出しも可能です。データは冗長化して高信頼な国内データセンタで保管されていますので、安心して利用を継続して頂くことができます。

――サポート体制やユーザビリティー面ではいかがでしょうか。

サポートはメールでのみの受付となっております。
操作性は、非常にシンプルで使い易いので現場に個別教育をしなくても利用してもらえると好評をいただいていおります。

――今後、追加を予定している機能は何がありますか。

2013年1月に販売を開始後、既存ユーザ様から要望の多かった、ファイル名検索機能や英語メニューへの対応を実施してきました。今後、追加を予定している機能としましては、3世代までとれるバックアップ機能(オプション)と、タブレット対応(Android/ipad端末)です。

――今後の展望を教えて下さい。

大規模な社内ファイルサーバとしてのお客様ニーズに答えるために、シングルサインオンを実現するためのActiveDirectory連携といったオプションメニューも検討してまいりますので、ご期待ください。

――最後に、SaaSサービスをお探しの方へ一言ございますでしょうか。

ファイル共有に関する課題をお持ちのお客様、「クラウドファイルサーバー」は、お客様の顕在化している課題を解決できる可能性があります。お気軽にお問合せ下さい。
「クラウドファイルサーバー」を使ってみたい!というお客様、WEBからトライアル申込みも受け付けております。ぜひ、クラウドファイルサーバーの使い易さを実感下さい。

――本日はありがとうございました。



top-fileserver.jpg

会社概要

社名 富士通株式会社
URL http://jp.fujitsu.com/
所在地 〒 105-7123
東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター
TEL: 0120-933-200(富士通コンタクトライン 受付時間 9:00~17:30 土・日・祝日・年末年始を除く)
事業内容 通信システム、情報処理システムおよび電子デバイスの製造・販売ならびにこれらに関するサービスの提供

更新情報

サービス新着/更新もっと読む

最新インタビュー/特集もっと読む

アクセスランキング 総合


業種別メニュー

サービス別メニュー


このページのTOPへ