ASP・SaaSナビTOP > インタビュー > XMLベース次世代CMS「Web Meister」の全貌に迫る!!

XMLベース次世代CMS「Web Meister」の全貌に迫る!!

日々進化を続けるCMS(コンテンツマネージメントシステム)分野の中でも、より高品質技術を提供するサービスが、株式会社サイズの提供する『Web Meister』です。

『Web Meister』はXMLベースのCMSという点が特徴的なサービスですが、その魅力や導入メリットについて同社代表取締役 糟谷博陸氏にお話しをお伺いしました。

きっかけはW3Cのホスト機関、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスへの導入。W3Cが提唱するXMLベースのCMS。

御社サービス「Web Meister」について特徴を教えて下さい。

「Web Meister」の特徴は、まず分かりやすく使いやすいインターフェースです。「マニュアルを必要としない使いやすさ」をインターフェースのコンセプトとしています。WYSIWYGエディターによる簡単な操作でコンテンツの編集・変更ができるようになっています。

Web Meisterの特徴

  1. (1) テンプレートを自動生成
    1. ・ IAが設計した情報設計をルール化されたテンプレートとしてURLごとに自動生成可能
    2. ・ コンテンツ編集者はコンテンツエリア内部だけを編集することでページ作成が可能
  2. (2) Flash、Ajax、iPhoneアプリなどをCMS化
    1. ・ Flash、Ajax、iPhoneアプリなどのXMLデータ管理が可能
    2. ・ ユーザインターフェースとコンテンツを分離したWebサイトの構築ができる
  3. (3) PC、携帯、スマートフォンのワンソースマルチデバイス
    1. ・ PCサイトから携帯、スマートフォンサイトへの移行は、コピーペーストできる
    2. ・ 携帯用テンプレートでコンテンツが自動生成可能

「Web Meister」をスタートされたきっかけをお聞かせいただけますか。

Web Meister

「Web Meister」 は、W3C(World Wide Web Consortium)のホスト機関である慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)に導入するために開発しました。そのため、W3Cが提唱するXMLに基づくアーキテクチャーで開発を行っています。これからのCMSには必須のアーキテクチャーになると思います。

――「Web Meister」の一番の強み、他社との違いをお聞かせください。

HTMLではなくXMLベースのCMSということになると思います。Flash、Ajax、iPhoneアプリなどHTML以外ユーザインタフェースが利用されていますが、コンテンツはXMLでできています。
「Web Meister」はHTMLだけでなく、XMLデータの更新にも利用できるということが大きな違いになります。これからますます用途は広がると思っています。

――お勧めの業種・業態などはございますか。

元々が大学に導入するために開発したということもあるのでしょうか、大学や教育機関で人気があります。承認ワークフローも備えておりますので上場企業などのコーポレートサイトでもお使いいただいております。XML管理に範囲を限定した「XML Edition」は幅広い業種・業態でお使いいただけます。

――導入時の流れや価格を教えてください。

導入時の流れはWebサイトの設計までは手作業でのWeb制作と変わりません。その先はレイアウトパターンが全て入ったHTMLをコーディングし、Web標準言語のXSLTを使って「Web Meister」に組み込みます。実装時に「Web Meister」の独自仕様を覚える必要はありません。

――導入事例がありましたら、具体的に教えて下さい。

最近の事例としては国立音楽大学様があります。今回のリニューアルでは、『ヒト・モノ・コト』のアンサンブルをコンセプトに、これまでの内容を整理。また、大学サイトの特性に考慮した情報設計やコンテンツの一元管理を実現しています。演奏会・イベント情報ページ自動生成の仕組み、カテゴリ別とユーザー別に導線を確保、PCサイト→iPhoneなどスマートフォン、携帯サイトへのワンソース・マルチデバイスなど「Web Meister」の特徴を生かしたWebサイトができあがっています。

国立音楽大学ウシオ電機

――今後の展望を教えて下さい。

ユーザインタフェースがHTML以外のFlash、Ajax、HTML5、ネイティブアプリなどに多様化し、さらに次々と発売される様々なデバイスで使われるようになっています。ワンソース・マルチデバイス対応を行うにはコンテンツをXMLで保持し、XSLTによりそれぞれのユーザインタフェース、デバイス対応に変換することが望ましいと思われます。HTMLのみよりもさらにコンテンツ制作、運用が複雑になったWeb環境を弊社の「XML CMS - Web Meister」で効率的に改善できればと考えています。

――最後に、SaaSサービスをお探しの方へ一言ございますでしょうか。

CMSのみならず、Webサイト制作でお悩みの企業様には、ご相談にのりますので、ぜひご連絡ください。「Web Meister」は無料のデモサイトもご用意しておりますのでお気軽にお申し付けください。

――ありがとうございました。

会社概要

社名 株式会社サイズ
URL http://www.x-yz.co.jp/
所在地 〒151-0064
東京都渋谷区上原1-1-8 代々木公園セントウエストテラス3F
事業内容 1.CGIプログラム開発・販売
2.ASPシステムの開発・販売
3.アプリケーションソフト販売(CGI-Park)
4.ホームページ制作
5.各種登録代行
6.サーパーレンタル及び管理・保守

アクセスランキング 総合


業種別メニュー

サービス別メニュー


このページのTOPへ